RPAは、大きく分けて下記の3つに分類できます。

・クラウド型

・サーバー型

・インストール型

それぞれにメリットデメリットが存在していますが、

この記事では、中小企業を視点として紹介をさせていただきます。

また、弊社ではインストール型を中心にサポートしております。

■クラウド型

メリット:比較的安価、インターネット環境があればPCを問わずアクセスできる

デメリット:クラウド上で動作させるためセキュリティ管理が必要、インターネット環境が無ければ動作不可

■サーバー型

メリット:同時に複数のRPAを同時進行で動作可能、集中的にRPAの管理ができる

デメリット:高額

■インストール型

メリット:安価、即日導入が可能、担当者レベルで導入可能

デメリット:同時に複数の処理が不可、1PCでのみ作動(アカウントを追加購入すれば可)

RPAは、既に多数の企業が提供しておりデメリットを克服した、RPAも登場してきていますが大きくは上記と通り分類することができます。

中小企業様が、RPAを検討するにあたり